Sauterne.Barsac(ソーテルヌ.バルザック)


特別第1級が1つ。1級が11、2級が14、格付けシャトーが26

ガロンヌ河とシロン河の合流付近に広がる、極甘口の貴腐ワインを造るコミューン。ソーテルヌ地区はなだらかな丘陵の砂礫質の土壌にあり、バルサックは石灰質が中心の土壌となる。セミヨンとソーヴィニョンブランから黄金色の甘美な貴腐ワインが造られます。水の冷たいシロン河沿岸一帯は、秋になると朝は霧に覆われ湿度が高くなります。午後は太陽が照りつけ温度があがり、“貴腐”をのもととなるボトリティス・シネレア菌というカビの一種を発生させる絶好の気候が整います。秋の多湿高温というミクロクリマにより発生したボトリティス・シネレア菌は、葡萄の内部と果皮を同時に侵食し、侵食しつつも葡萄の果皮を破らずに果肉の水分だけ蒸発させ続け、葡萄の糖度を上昇させます。

収穫は房ごとでなく、葡萄の貴腐具合によって粒ごとに収穫されるため、多いときは10回を越える手摘みが行われる。収穫後は樽発酵されますが、高い糖度のために酵母はアルコールに転換するための糖分をすべて消化できず、このとき残った残糖分が、ワインに豊満な甘さを与えます。

偉大なソーテルヌは50年を越す寿命を持ち、長期熟成を経て色合いは橙色からやや黒みがかり、ハチミツやコンポートなどの香りを発します。1855年に26のシャトーが格付けされました。

ちなみに、バルサックのワインは、ソーテルヌの名前をラベルに表記することが許されています。


D'Yquem(ディケム)

格付け 特別第1級

面積 125.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン20%

樹齢 30年

生産本数 11万本

醸造/熟成 醗酵と42ヶ月の熟成はオークの新樽で。

清澄あり 濾過なし 

セカンドワイン なし

ソーテルヌの中心に位置する。広大な畑には排水パイプを敷設されている。150人もの摘み手が6~8週間の間、最低でも4回以上に分けて完熟した葡萄のみ一粒一粒手摘みする。このため、イケムでは1本の葡萄の樹からグラス1杯のワインしか造られないといわれる。ワインは新樽で3年以上熟成され、樽の中でもワインは水分を失い、20%は減るという。さらに、壜詰め時にも、良好な樽熟でないと判断されたものは容赦なく選別される。こうして出来たワインはゆうに50年以上の寿命を持ち、100年を越えて生き続けるる力強さを持つといわれる。世界3大貴腐ワインの一つ。濃い黄金色で、アプリコットや蜂蜜など甘美な香りにあふれる。酸も豊かで余韻が長い。 

 

Climens(クリマン)

格付け 1級

面積 31.0ha

品種 セミヨン100%

樹齢 35年

生産本数 3万本

醸造/熟成 醗酵と18~24日ヶ月の熟成は新樽30~50%

清澄なし 濾過あり 

セカンドワイン シプレ・ド・クリマン/1万5000本

試飲レポート  01① 01②

ラ・ピネッセ村の北、海抜21m以上あるバルサックでも最も高い丘に位置する。この高台が雨季の水はけに有利となる。砂利・粘土質の土壌にセミヨンが100%植えられていて、アプリコットやマーマレード、パイナップル、蜂蜜のような強い甘さを引き出す。豊潤な酸味も甘さと完璧なバランスがとれている。優雅さと上品さを備えたワインで、甘美なソーテルヌではイケムと1.2位を争える唯一の存在。2001年は究極の1本。

 

Clos Haut Peyraguey(クロ・オー・ペイラゲイ)

格付け 1級

面積 17.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン10%

樹齢 35年

生産本数 2万4000本

醸造/熟成 醗酵は新樽50% 熟成は新樽35%で24ヶ月

清澄あり 濾過なし 

セカンドワイン オー・ボム/1万2000本

1855年の格付け時はペイラゲイの単独シャトーだったが、1879年に分割され、小さい区画の畑がクロ・オー・ペイラゲイとして独立した。

 

Coutet(クーテ)

格付け 1級

面積 38.0ha

品種 セミヨン75% ソーヴィニョンブラン23% ミュスカデル2%

樹齢 35年

生産本数 3~5万本

醸造/熟成 醗酵と16~24ヶ月の熟成は新樽30%で。

清澄・濾過あり 

セカンドワイン シャルトルーズ・ド・クーテ/1万5000~2万本

熟成に約2年かけて瓶詰めされる。穏やかな甘みとソフトなボディーを持つ。オレンジがかった淡い黄金色でシロップや蜂蜜の香り。酸と甘さのバランスに優れていてエレガント。スペシャルキュヴェ「マダム」は75年、81年に造られている。

 

Guiraud(ギロー)

格付け 1級

面積 85.0ha

品種 セミヨン65% ソーヴィニョンブラン35%

樹齢 25年

生産本数 9600本

醸造/熟成 醗酵槽で21~28日間

熟成は新樽33%16~20ヶ月。清澄・濾過あり 

セカンドワイン ル・ドーファン・デュ・シャトー・ギロー/3万本

紹介

 ソーテルヌ地区最大のシャトーの一つ。ソーテルヌの中ではソーヴィニョンブランの比率が高い特徴を持つ。1983年からは樽で醗酵・熟成させている。オレンジがかった黄金色とリンゴの蜜、アカシアの蜂蜜の香り。繊細な酸味も魅力で、エレガントなワイン。

Lafaurie Peyraguey(ラフォリー・ペイラゲイ)

格付け 1級

面積 41.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン8% ミュスカデル2%

樹齢 40年

生産本数

醸造/熟成 醗酵と18~20ヶ月の熟成は新樽33%

清澄・濾過あり 

セカンドワイン ラ・シャペル・ド・ラフォリー・ペイラゲイ

1haあたりの収量はわずか15~16hl程度。水圧を利用したプレス機を使用して伝統的な醸造方法でワインは造られる。明るい黄金色で豊かな果実味。なめらかな甘みとアルコールがバランスよい。

 

Rabaud Promis(ラボー・プロミ)

格付け 1級

面積 34.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン18% ミュスカデル2%

樹齢 40年

生産本数 3万6000本

醸造/熟成 醗酵槽で21~28日間

熟成は新樽33%16~20ヶ月。清澄・濾過あり 

セカンドワイン ペケまたはドメーヌ・ド・レストレマード/2万4000本

ガロンヌ河とシロン河が合流する高台に位置する。もともとはラボーと呼ばれる領地の一部。1903年にラボー・プロミとシガラ・ラボーに分かれた。

 

De Rayne Vigneau(ド・レイヌ・ヴィニョー)

格付け 1級

面積 84.0ha

品種 セミヨン74% ソーヴィニョンブラン24% ミュスカデル2%

樹齢 30年

生産本数 3万6000~10万本

醸造/熟成 熟成は新樽50%18~24ヶ月

清澄・濾過あり 

セカンドワイン マダム・ド・レイヌ

ボンムの台地の高台に位置し、砂利・砂礫質の土壌を持つ。うっすらとオレンジ色がうかがえる、やや淡い黄金色。アプリコットやオレンジの皮の香り。酸とのバランスも秀逸。

 

Rieussec(リューセック)

格付け 1級

面積 75.0ha

品種 セミヨン92% ソーヴィニョンブラン5% ミュスカデル3%

樹齢 25年

生産本数 6万本

醸造/熟成 醗酵と18~30ヶ月の熟成は新樽で。

清澄・濾過あり 

セカンドワイン

試飲レポート  01 03

ガロンヌ河を見下ろす、ファルグとソーテルヌの丘の斜面に広がる砂利質の土壌。その大部分の畑がイケムに隣接している。1984年ドメーヌ・バロン・ロートシルトに買収されてからは、より厳しい選別が行われ、品質はさらに向上した。黄桃やマンゴー、アカシアの蜂蜜を感じる豊かな甘さ。酸も豊富でまろやか。ねっとりした厚みのある凝縮感。甘さと香ばしい樽香は絶品。

2001年物は華やかでのっぽの酸が印象深い。2003年物は果実が前面に出ており分かりやすい。いずれも濃厚さでは1,2を争う甘味。貴腐菌の複雑なニュアンスは中間からアフターにかけて絶大な存在感を誇る。

 

Sigalas Rabaud(シガラ・ラボー)

格付け 1級

面積 14.0ha

品種 セミヨン85% ソーヴィニョンブラン15%

樹齢 45年

生産本数 3万本

醸造/熟成 熟成は新樽33%20ヶ月。清澄・濾過あり 

セカンドワイン ル・カデ・ド・シガラ/8000本

1902年まではラボー・プロミとともに一つの畑だった。オー・ボームの丘の斜面、南側の畑という優れた立地で砂利を含む粘土質土壌を持つ。収穫は伝統的に手摘みで行われる。果実実がストレートに表れる繊細なワイン。

 

Suduiraut(シュデュイロー)

格付け 1級

面積 90.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン10%

樹齢 25年

生産本数 不定

醸造/熟成 2~3週間の醗酵と18ヶ月の熟成は新樽30%で。

清澄あり 濾過なし 

セカンドワイン カステルノー・ド・シュデュイロー

畑がイケムの南に隣接する優れた立地。やや不安定ながら、成功した年は1級の中でも最高のワインを造り出す。AXA買収後はさらに品質が向上し、2001年ものは歴史的な大作となった。オレンジがかった黄金色で、凝縮ある爆発的な香り。蜂蜜香も。新樽のヴァニラも。豊かな甘さと酸味でタンニンもほろ苦い。これらの要素がバランス取れたときが飲み頃。2001年ものは衝撃的なワイン。

 

La Tour Blanche(ラ・トゥール・ブランシュ)

格付け 1級

面積 37.0ha

品種 セミヨン83% ソーヴィニョンブラン12% ミュスカデル5%

樹齢 26年

生産本数 4万本

醸造/熟成 2~3週間の醗酵と16~18ヶ月の熟成は、セミヨンは新樽で、ソーヴィニョンブランはステンレス槽で行う。清澄・濾過あり 

セカンドワイン レ・シャルミル・ド・ラトゥール・ブランシュ/2万5000本

ガロンヌ左岸の丘陵の緩やかな斜面に位置する。1855年の格付けでイケムの次にランクされた。1910年以降はフランス農務省が管理運営している(国営)。葡萄栽培とワイン醸造の中堅技術者を養成する学校で、日本で言うところの農業高校。実習主体の実力主義の厳しい教育とのこと。ラトゥールブランシュは『白い塔の城』の意味。1988年には醗酵槽に新樽を100%採用し、1989年には熟成も同じく新樽で行われるようになった。ソーテルヌの中では最上級の品質であるにもかかわらず、価格はリーズナブルなのが嬉しい。

 

D'Arche(ダルシュ)

格付け 2級

面積 27.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン10%

樹齢 45年

生産本数 3万5000本

醸造/熟成 醗酵と18~24ヶ月の熟成はオークの新樽で。

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン プリウーレ・ダルシュ/1万5000本

セミヨンのの比率が高く、とろりとした果実味の豊かさが特徴。葡萄が完熟するまで収穫を遅らせ、ポトリティス菌の付着した葡萄だけを摘むために7~10回に分けた収穫が行われる。濃い黄金色で、黄桃のシロップ漬けアカシアの蜂蜜、ナッツの香り。まろやかな酸味と苦みもあり、優れたバランス感がある。

 

Broustet(ブルーステ)

格付け 2級

面積 16.0ha

品種 セミヨン63% ソーヴィニョンブラン25% ミュスカデル12%

樹齢 35年

生産本数 2万本

醸造/熟成 醗酵はステンレスタンクで20~25日間 

新樽初年が新樽20%、2年目はステンレス槽で。清澄・濾過あり 

セカンドワイン ド・セギュール/5000~1万本

  

Caillou(カイユー)

格付け 2級

面積 13.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン10%

樹齢 35~40年

生産本数 8000~1万本

醸造/熟成 醗酵槽で21~28日間

熟成は新樽33%16~20ヶ月。清澄・濾過あり 

セカンドワイン レ・ゼラブル・デュ・カイユー/1万1000~1万2000本

クリマンのすぐ北に位置し、石灰岩と粘土質の土壌を持つ。セミヨンからくるふくよかな甘さがリッチなワイン。色合いはオレンジがかった黄金色でトロピカルフルーツの香り。酸味もまろやか。市場ではオールドヴィンテージをよく目にする。

 

Doisy Daene(ドワジ・デーヌ)

格付け 2級

面積 15.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン20%

樹齢 35年

生産本数 3万6000~4万本

醸造/熟成 醗酵と18~24ヶ月の熟成はオークの新樽33%。

清澄あり 濾過あり 

【スペシャルキュヴェ】 レクストラヴァガンス・ド・ドワジーデーヌ

ソーヴィニョンブラン100%またはセミヨン100%/50~125ケース          

試飲レポート 【レクストラヴァガンス】 01① 01②

第2級の中では、毎年安定したワインを造ることで定評がある。ドワジー・デーヌとドワジーデュブロカ、ドワジー・ヴェドリーヌはかつて一つの畑だった。当時の所有者のディーン(フランス語でデ-ヌ)の名がシャトー名の由来。入念な清澄と濾過が行われるので、クリーンでフレッシュさに満ちたワインが生まれるが、やや軽さもある。寿命は極めて長い。

【レクストラヴァガンス】

良質なポトリティス菌に恵まれた年のみに造られるスペシャルキュヴェ レクストラヴァガンスは、ヘビータイプの特注デミボトルのみに瓶詰めされる。その味わいはイケムに匹敵する。濃い黄金色に強いオレンジのニュアンス。果実の香りはトロピカルフルーツそのもの。酸味もまろやかで豊か。若くても熟成しても、完璧なバランスを保つ。

 

Doisy Vedrines(ドワジ・ヴェドリーヌ)

格付け 2級

面積 27.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン15% ミュスカデル5%

樹齢 30年

生産本数 6万本

醸造/熟成 醗酵と18ヶ月の熟成は新樽60%で。

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン ジェネリックソーテルヌ/3万本

1840年以来長年に渡ってカスティジャ家が所有。クリマンとクーテの南に位置する恵まれた立地にある。リリース直後よりも5~7年くらいを経た頃から美味しく、長期熟成にも耐える。

 

Filhot(フィロ)

格付け 2級

面積 62.0ha

品種 セミヨン60% ソーヴィニョンブラン36%  ミュスカデル4%

樹齢 37年

生産本数 10万本

醸造/熟成 新樽33%で24~36ヶ月。

清澄なし 濾過あり 

セカンドワイン シャトーソーテルヌとシャトー・ピノー・デュ・レ/6万本

ソーテルヌの最南端、砂利の多い東南向きの丘の斜面に位置する。ソーヴィニョンブランの高い比率と、新樽が控えめなために、アロマ多いがやや軽い味わいのワインとなることが多いが、果実味にあふれる。アプリコットや蜂蜜の香りが芳醇で、酸味もしっかりしている。

 

Lamothe Despujols(ラモット・デビュジョル)

格付け 2級

面積 7.5ha

品種 セミヨン85% ソーヴィニョンブラン10% ミュスカデル5%

樹齢 40年

生産本数 1万2000本

醸造/熟成 熟成は新樽75%(セミヨン)と槽(ソーヴィニョンブラン、ミュスカデル)で26ヶ月。

清澄・濾過あり 

セカンドワイン レ・トゥーレル・ド・ラモット/3000本

19世紀にはラモット・ダッソーだった畑が分割されて出来たシャトー。ミュスカデルのブレンド比率が高いため、香り豊かでやわらかいスタイルのワインに仕上がる。

 

Lamothe Guignard(ラモット・ギニャール)

格付け 2級

面積 32.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン5% ミュスカデル5%

樹齢 40年

生産本数 3万本

醸造/熟成 熟成は新樽20~25%で12~15ヶ月。

清澄・濾過あり 

セカンドワイン ルエスト・ド・ラモット・ギニャール/5000本

ディケムの数キロ南に位置し、粘土と砂利質の畑を持つ。

 

De Malle(ド・マル)

格付け 2級

面積 27.0ha

品種 セミヨン70% ソーヴィニョンブラン27% ミュスカデル3%

樹齢 30~40年

生産本数 5万本

醸造/熟成 新樽33%で18ヶ月

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン ド・サン・テレーヌ/2万5000本

畑はソーテルヌだけでなく、一部グラーヴにかかっている。オレンジがかった黄金色で、パーナップルの香り。程よい甘みと酸味が心地よい。

 

Nairac(ネラック)

格付け 2級

面積 17.0ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン6% ミュスカデル4%

樹齢 40年

生産本数 1万本

醸造/熟成 醗酵はオークの樽で1~3ヶ月 熟成は新樽30~100%で30ヶ月

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン なし

試飲レポート  87

後にシャトーマルゴーを建てたことで知られる建築家のヴィクトール・ルイ氏によって1770年に建てられた。ネラックのほうが先立つこと32年。建築依頼主はポール・ネラック氏で、シャトー名の由来となっている。1969年からアメリカ生まれのヒーター・タリ氏の所有。バルサックにしてはオークの個性が強く、とろりとしていてフレッシュな酸もある。完熟感と凝縮感がすばらしい。大柄なワインだ。

 

Romer du Hayot(ロメール・デュ・アヨ)

格付け 2級

面積 15.0ha

品種 セミヨン70% ソーヴィニョンブラン25% ミュスカデル5%

樹齢 35年

生産本数 5万本

醸造/熟成 醗酵はステンレスタンクで。熟成は樽で18ヶ月 清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン なし

輝きのある濃い黄色からオレンジ。パイナップルやアプリコットの香り。スマートな甘さと酸味と、ほろ苦さとのバランスがよい。

 

Suau(シュオー)

格付け 2級

面積 8.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン10% ミュスカデル10%

樹齢 35年

生産本数 1万9000本

醸造/熟成 熟成は新樽33%で18ヶ月。 清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン なし

 

Doisy Dubroca(ドワジ・デュブロカ)

格付け 2級

面積 3.3ha

品種 セミヨン100%

樹齢 20年

生産本数 6000本

醸造/熟成 醗酵と18ヶ月の熟成はオークの新樽33%で。

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン ラ・ドモワゼル・ド・ドワジ/3000本

 

 

De Myrat(ド・ミラ)

格付け 2級

面積 22.0ha

品種 セミヨン86% ソーヴィニョンブラン10% ミュスカデル4%

樹齢 15年

生産本数 2万5000本

醸造/熟成 醗酵と20~24ヶ月の熟成は新樽30%で。

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン なし

 

 

Gilette(ジレット)

格付け ブルジョワ級

面積 4.5ha

品種 セミヨン90% ソーヴィニョンブラン9% ミュスカデル1%

樹齢 45年

生産本数 5000本

醸造/熟成 醗酵と18~24ヶ月の熟成はオークの新樽で。

清澄あり 濾過あり 

セカンドワイン なし

イケムの北数キロに位置し、岩と粘土を底土とした、砂の多い土壌を持つ。ジレットは瓶詰め前に20年以上もコンクリート槽で寝かせ、こうした出荷の遅いワインは『クレーム・ド・テッド』と呼ばれる。 

 

De Fargues(ド・ファルグ)

格付け なし

面積 15.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン20%

樹齢 35年

生産本数 1万5000本

醸造/熟成 醗酵と36ヶ月の熟成はオークの新樽で。

清澄あり 濾過なし 

セカンドワイン なし

1472年からリュル・サリュース家が所有。イケムを手に入れる300年以上も前からファルグに携わってきた。イケムの畑の東側に位置し、イケムと非常によく似た酒質。36ヶ月の長期樽熟はワインに香ばしさと力強さ、複雑さを与えている。ややオレンジがかった黄金色で黄桃やアプリコットのほか、新樽のヴァニラが香る。甘さと酸味はしっかりしていて、樽から来る苦みが味わいを引き締めている。

 

Raymond Rafon(レイモン・ラフォン)

格付け なし

面積 18.0ha

品種 セミヨン80% ソーヴィニョンブラン20%

樹齢 35年

生産本数 2万本

醸造/熟成 醗酵と36ヶ月の熟成はオークの新樽で。

清澄あり 濾過なし 

セカンドワイン ラフォン・ラローズ

1972年からイケムの管理者が指揮をとる。イケムの畑のすぐ隣に位置する優れた立地。驚くことに収量は1haあたり10hlとイケムよりさらに少ない。セカンドワインの採用など、厳しい選果が、レイモン・ラフォンをさらにハイレヴェルなワインへと導いている。オレンジがかった濃い黄金色でアプリコットのシロップ漬けの香り。樽香もある。豊かな甘さとエレガントな酸とのバランスがすばらしいワイン。