Entre-deux-mers,Cote de Blaye,Cote de Bourg(アントル・ドゥ・メール,コート・ド・ブライ,コート・ド・ブール)


Roc de Cambes 2002


ロック・ド・カンブ2002
ロック・ド・カンブ2002

2006.10.8

ロック・ド・カンブ 2002

気まぐれワイン蔵 3,500円

日差しは暖かなものの風に秋の気配を確かに感じる日曜日。本日は午前に日帰り温泉へ。昼食は、10年来、月一で通っているラーメン屋で満腹になり、午後は昼寝。何ともぐうたらな日中でありました。夜は自宅で焼肉。豚はばら肉で脂が多め、牛は骨付きカルビ。脂をすっきりさせてくれそうなタンニンしっかりのワインがいいかなぁということで合わせたワインはロック・ド・カンブの2002年もの。香りはなめし革やモカ、黒系果実などなど。やや閉じぎみながら、ポテンシャルを感じる香り。アタックは深い果実と火薬のような複雑な苦み。酸は低め。口中ではタンニンが主体で覆いつくしますがガチガチではありません。このままのコクで飲めるのですが、酸が弱いせいでやや単調。ボリューム不足の感あり。硬いというよりスモールにまとまった印象。ドライなワイン。兄貴分のテルトル・ロートブッフほどの高揚感はないものの、タンニンはカラッとしていてこれはこれでよく造られたワインだと思います。ヴィンテージの特徴なのでしょうか媚びる甘さは微塵もありません。