Delicious Cuisine(美味しい旬の食事)

2021.7.29 KOBE STEAK Tsubasa 本店

KOBE STEAK Tsubasa 本店のステーキランチ
KOBE STEAK Tsubasa 本店のステーキランチ
鉄板を囲んだL字のカウンター席
鉄板を囲んだL字のカウンター席

戸ステーキつばさは2回目の訪問でした。1回目は2020年の12月で、アメックスの招待日和を利用してのディナーでした。113000円くらいだったかと思います。そのときの印象は、美味しいのですが驚きや感動といったまでのものはなく、値段からすると良いものを高いお金で食べたという当たり前のものでした。ホールスタッフも特段の丁寧さはないごく普通のサービス。ステーキ激戦区の神戸三宮では、こんなものなのかなぁといった感じでした。もちろん、混雑状況や席、メニューなどのタイミングにも依るとは思いますが。今回はちょうど昼と夜の境目の時間帯の訪問で、お客さんが私だけだったこともあるかもしれませんが、とても心地よく美味しいお肉をいただきました。お店のキャパとしてはホールは決して広くはありませんが、鉄板を囲むカウンター席のほか、並んで座る2人掛けの席が3つあります。今回はカウンター席への案内でした。予約しておいたのは最も廉価な鉄板焼ステーキランチコースのソフトドリンク飲み放題付きです。12,000円で国産牛のステーキとしてはお安いと思います。

北海道産トウモロコシの冷製スープ
北海道産トウモロコシの冷製スープ
国産牛フィレ肉200グラム
国産牛フィレ肉200グラム

理はまず北海道産とうもろこしの冷製スープで、夏日の火照ったからだにとても嬉しい甘みと涼を楽しめるスープでした。続いては夏野菜を含めた鉄板焼きの野菜とフィレ肉が登場し、鉄板が温まるといよいよシェフによる調理開始です。

鉄板焼き、まずはお肉から
鉄板焼き、まずはお肉から
分厚いフィレ肉
分厚いフィレ肉

肉はウェルダンでお願いしましたが、丁寧に焼いていただき、塩やマスタード、ペッパーと絡めながら様々なニュアンスの味を楽しめした。折角なのでワインもグラスでいただき、お肉とのマリアージュを楽しみました。これにご飯とお味噌汁と香の物が付いています。

シェフのライブ調理(お肉)
シェフのライブ調理(お肉)
シェフのライブ調理(野菜)
シェフのライブ調理(野菜)

ースは全てお箸でいただくタイプで、日本人向きで良いですね。改めての訪問で感じたのは、シェフとホールスタッフ2名の方がとても丁寧で心地よい接客だったこと。

Tsubasaの国産牛フィレステーキ
Tsubasaの国産牛フィレステーキ

肉って美味しいのは当たり前で、そのうえでどれだけ心地よく料理と時間を楽しめるかがリピーターの獲得にとても重要だと思います。しっかりと美味しいお肉を出してもらい、しっかりとサービスを感じ、しっかりといただく。そしてまたそのしっかりとした居心地を期待してリピートする。この連鎖が理想ですが、今回の訪問はまさにそれでした。

お箸で戴くステーキにご飯とお味噌汁
お箸で戴くステーキにご飯とお味噌汁
グラスワインがステーキにぴったり
グラスワインがステーキにぴったり

ィナー受け入れ前の時間にも関わらず快く受けていただき、少人数でも手抜きのないサービス。1人2,000円の料理で申し訳ないくらいでした。また、前回は2人掛け窓側席でしたが、今回はカウンター席。やっぱりカウンター席でシェフの腕前を見ながらの食事は良いですね。


KOBE STEAK Tsubasa 本店は、美味しいお肉と気さくで丁寧な接客で、幸せな食事の時間を楽しませてくれました。一回訪れだけでは気づけなかった良さも発見し、また訪れたいお店でした。混雑する時間を避けての訪問が吉の良店です。

<おすすめ度>

★★★★★

KOBE STEAK Tsubasa 本店

兵庫県神戸市中央区北長狭通1-7-6 ホワイトローズビル10F

078-381-8278