2020.12 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ

今回は21階レストラン"Kobe Grill"とクラブラウンジが少しのみの短編となっています。


クリスマスシーズンの高揚感に包まれて

ガーデンカフェ前のクリスマスツリー
ガーデンカフェ前のクリスマスツリー

戸ベイシェラトンホテルも4〜5回めの訪問となると、気持ちも大分慣れ、もはや居心地の良い我が家の感覚になってきます。そのくらいに心が落ち着く雰囲気のホテル。格式が高すぎてやや場違い的な感覚に陥ってしまうこともなく、かといって当然ながらシティホテルの遥か上を行く満足感。その絶妙な間の心地よさを感じるホテルです。

 

12月のまさにクリスマスに訪れたタイミングでしたが、ホテル内はクリスマスツリーやリースがたくさん置いてありました。何歳になってもクリスマスツリーは人の心を高揚させてくれます。12月25日のガーデンカフェの夕食ではメニューにローストチキンレッグがあり、デザートビュッフェにブッシュ・ド・ノエルがありました。今回泊まったのはクラブフロアです。クリスマスシーズンということもありプリファードフロアなどのお部屋の値段設定はやや高めにシフトしていましたが、クラブフロアはほぼ平常でしたので、それであれば折角なのでとクラブフロアにした次第です。

我が家のダイニング感覚でお邪魔します〜Kobe Grill

つもお世話になるKobe Grillはいつものアイランドコースにしました。この日は12月26日でクリスマスメニューは前日で終了していました。いつものコースだけれど、季節ごとにメニューが変わるため飽きが来ません。そして味もさることながら見栄えも素晴らしい料理に毎回感心します。夜景がよく見えるのは窓側席になりますが、人気でなかなか座れません。夜景をすぐ目の前にディナーをいただくことができたら、Kobe Grillの時間は更に素晴らしいものになるでしょう。

プラスアルファ感覚で楽しむクラブラウンジ

回の滞在でもクラブラウンジを楽しみました。しかし前回に感じたように、ずっと居て楽しむのでは、神戸ベイシェラトンホテルで数ある他の楽しみを満喫するには時間が足りません。嬉しい悩みですが、温泉を楽しんだりスパリビングを楽しむには、クラブラウンジはプラスアルファの楽しみとして過ごすのが肩の力が抜けてちょうどよいと感じています。

せっかくのクラブフロアだからとクラブラウンジ中心に滞在すると、それだけで終わってしますのはもったいないですからね。短時間でも、クリスマスの夜を過ごしたクラブラウンジはとても楽しかったです。