2020.10 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ


都会の利便性とスタッフの対応に優れたラグジュアリーホテル

横浜ベイシェラトンホテルの格式高いロビー
横浜ベイシェラトンホテルの格式高いロビー

浜ベイシェラトンホテルは横浜駅からのアクセスが抜群です。近隣で買い物をするには絶好の立地ですね。ホテルに入ってまず目に入るのが、格式高い吹き抜け天井のロビーと天井の大きなシャンデリア。またロビーはセレモニーに使える螺旋のような階段があり、チャペルも兼ねた造りになっています。式を挙げればその場にいる皆から祝福される、そんな素敵な造りです。そんなオールインワンなロビーであるため、ホテルキャパを考えると手狭なスペースであることは否めません。チェックイン時は列を作りかなりの混雑となります。そんな折でもホテルスタッフの笑顔と対応はよく教育されているホテルの意識の高さを感じます。かつ、マリオットブランドであることからステータスごとの案内などはしっかりと基本を抑えており、かつ何かしらのアップグレードに前向きな姿勢が伝わってきます。この点では神戸ベイシェラトンのはるか上をいく意識の高さを感じます。この日は客室が満室のためゴールドエリートのアップぐれができない旨をホテル側から話があり、代わりにチェックアウトを16時まで延長との案内がありました。そうした提案が臨機にあることなど、スタッフの対応が随一であることを申し添えたいと思います。

和モダンなスタンダードダブルルーム

まったのはスタンダードダブルのお部屋でした。こちらが最低のグレードになります。横浜ベイシェラトンでは高グレードの向きが駅側になりますので、スタンダードダブルは街側となります。眺望はもちろんあり横浜のオフィス街などの夜景は楽しめます。お部屋はダブルベッドの配置でほぼ埋まってしまうイメージで手狭には感じますが、清潔感のあるお部屋です。窓にはブランドがありますが、まるで障子のようなデザインでお洒落です。

オールディブッフェ・コンパス

の数少ないホテルブュッフェの経験の中では随一の味を誇るレストランです。肉と魚。食材の基本ですが素材と味は真にトップレベルです。ホテルの伝統的な看板メニューであるローストビーフは美味しいのは当たり前ですが、鎌倉山のローストビーフを超えていると私は感じています。この日は九州・大分フェアの食材で豊後牛のステーキもメニューにありましたが、もちろんこちらのお肉の品質も間違いありませんでした。柔らかく脂身まで美味しい。お魚はお寿司でいただきました。鯛や鯵、穴子、カンパチなどその鮮度がうかがえる美味しさです。ライブキッチン形式でありつつ自席からのオーダーブュッフェなので清潔かつ安心です。素晴らしいレストランです。コンパスの食事だけでも訪れる価値のあるレストランです。

スマホからのオーダーで食べ放題

ンパスのブュッフェは先程ご案内のとおりスマホからのオーダーになります。ページ数はたくさんあり、どれから食べようか迷います。注文回数が一回限定のメニューもありますが、ローストビーフは無制限でそれだけでもすごいです。また、ホテルカレーはスパイシーでなかなか経験できないお味です。オーダー形式とあって、運ばれてくる一皿ひと皿は少量になっているので、たくさんの品数を広く安心して注文できます。また、自分で取り分けるのと違って食べたいメニューが切れていて補充されるのを待つことがないのもオーダービュッフェの利点ですね。

コンパスでの朝食〜8種類からチョイス

ンパスでは定食形式で朝食を頂くことができます。アメリカンブレックファスト、和定食、パンプディング、牛丼膳、モーニングステーキ、モーニングビーフカレー、クラブブレックファストジャパニーズ、クラブブレックファストウエスタンの8種類から選びます。ステーキは追加料金です。牛丼膳を頂きましたが、柔らかくて美味しい。ご飯はお櫃がついており、お味噌汁、漬物、フルーツもあるのでしっかりといっぱい食べることができます。ドリンクはドリンクバーから頂くことができます。コンパスはホテル2階にあり、食後はそのまま1階通路から駅方面で買い物に出ることも可能です。外部とのアクセスも便利なコンパスです。